忍者ブログ
毎日の思いつき。毎日の発見。毎日の反省。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、ミーティングで何気ないことから過集中についてのお話になった。

オンラインゲームって集中しますよね?っと。

過集中とは、文字の通り異常に集中して長時間継続してしまうことです。
例えば、誰でも趣味とか、夢中になることはあると思います。
そして、比較的長時間続けることはできます。
が、それが、食事もせずに、1日、2日寝ないで続けるとなったら、ちょっとこの症状になります。

ADHDやアスペルガー症候群に多いそうです。

それで、私は子供の時から酷くて、当たり前にだったのですが、大人になり結婚して、普通じゃないということがわかりました。 過集中について、最近よく話題に上がります。

以前のブログ

具体的には、
企画について考えるとすると、A案から数案考えて、あれこれ考えてメモをしたり、スケッチをしたりする。
ネットや本で調べる、、、という活動が、数時間どころか数日続きます。
この間、食事もとらない(とることも忘れるし)、電車に乗れない(電車に乗るということが邪魔なことになる。)、よって、家に帰れないということになるのですが、じゃあそれが辛いのかというと、

逆で、楽しいのです。

楽しいから、やめられない。だけれども、体はものすごい疲れる。思考は止まらないということになります。
そのスイッチが切れると、一気に虚脱症状がでますので、これは注意です。この場合ゆっくり寝ます。

で、普通の人は日常生活に合わせることが難しいのですが、私の場合、仕事がゲームの開発や、ネット系。
そして、ある程度は自分の会社なものですから、自分のペースに合わせることができるので、この特技はうまく生かすと、もの凄いパフォーマンスなのです。

くだらない昔の記憶ですが、
小学生のころ、鉄道模型を2日ぐらい連日連夜制作をして、ぶっ倒れて親に取り上げられたこともありました。
英語に興味を持ったときは、学内の英語コンテストで1番になりました。
一夜漬けでも、試験前数時間でも集中すれば覚えられます。

不思議なのですが、”製造番号”を覚えたり、整列、まとめるクセがありまして、これは今でも何時間も集中できます。

例えば、鉄道が好きなのですが、実は全部が好きということではなくて車両の型式が好きなのです。
クハ113系という、湘南型の有名な車両があるのですが、1000番台の何々は昭和47年の東京駅地下乗り入れATC対策で、云々とか覚えちゃう。
電車で会社へ行くときは、京急のデハ1070系の第6次製造車両、東急車両製だなとか確認して、iPhoneでwikiを調べると、全部覚えられちゃうんです。
自分の中に知識が増えて、情報がストックされることが快感みたい。

で、一時期ゲーム脳って流行りましたが、作っているからわかるのですがRPGに関しては、これは確かだと思います。
オンラインゲームとか、上限のない成長要素があり、自分の思考や仮想空間内の行動によって、”数字”上の達成感(スコア、レベル、経験値)と報酬を得ることができます。これ、なんとなく、強くなったとかではなくて、数字(数値)が上がっていくことの快楽だと思うんです。そして、その数字の達成により対応方法のノウハウを得たことを自覚できる。
所持アイテムや武器のスペックが、上記でいうでいう、鉄道型式と同じような。
かつ、リアルで、数字を共有する同士、同盟がいるわけです。
この上限のない成長要素が、ゲーム脳≒過集中を引き起こすのではないかと。

私も、リネージュ2(アイテム課金でないのがよかった。)にはまって、出張先でもいつでもどこでもやっていました。

でも、役に立たない無駄なことに集中するから悪なのであって、これが最終的に経済的対価、生産性に変えられれば良いのだとおもいます。(体には悪いけれど。)
ですので、興味や趣味に、集中していられるボクの職業選択は正しいのかなと。

あとは、この過集中とのうまい付き合い方。

まず、集中していると自閉的になりますので、寸断したり思考を止められることに、苛立たしぐらい非常に頭にきます。コミュニケーション系は止まります。
スケジュールも抜けたりしてしまいます。
ということで、メールに対して、落ち着いたときに返信ができるように、マークをつける。
眠くなったら絶対に寝る。
そして、時間を決めて、一気に処理をするように頑張る。

周りには、過集中スイッチONになりました、って宣言するとよいかもしれませんね。

拍手[17回]

PR
情報整理のその果ては? HOME 移転をするライフハック
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
プロフィール
自己紹介:
仕事と遊びが、遊びの仕事が、どちらかはわかりませんが、必死に毎日考えて生きています。
Twitter
Twitter ブログパーツ
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アクセス解析