忍者ブログ
毎日の思いつき。毎日の発見。毎日の反省。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近

アマチュア無線をやっているわけですが、

JT65-HF

というのを目標にしていました。

 

って、何かわからないと思います。

なにしろ、日本語のWikiもまだないのですから

マニアックなことです。

 

わかりやすく、

結果から言うと、

 

ボクの家のチープなアンテナから出た電波は

この地図の通り、

JT65.jpeg

スウェーデンやスペイン、南米

世界中に到達しているんです!

 

インターネットは、

世界中のデータ通信が瞬時に送れるのが当たり前です。

でも、自宅の電源で、無線機で、アンテナから発信した電波が

世界に飛んでいくのです。

すごいと思いませんか?

 

昔、おもちゃのトランシーバーで

ちょっと離れると、電波が途切れたりして

ヤキモキしたと思います。

 

アマチュア無線の資格は必要ですが、

微弱な電波(10W)と、100円ショップの部材で作ったアンテナで

世界に電波が飛ぶのです。

しかも、音声通信だと聞こえないような

微弱電波も、このJT65だとキャッチできるのです。

 

これをやるには、
IC-756.jpeg

アマチュア無線機と、PCを接続します。

PCで

「CQ JK1HST」てな具合でタイプすると、

それをデータ音(ピーニョロニョロ)

に変換して、無線機のマイク(VOX)に入れて、短波で送信します。

それを受信した世界中の局が、

上記の地図のようにGoogleMapに反応するわけです!

 

この地図のグレーな部分は、夜ってことです。

短波の電波(AMラジオの周波数よりも上です。)は、

夜間は、電離層と地面で何回か

反射することで遠くに電波が飛びます。

なので、アジアの国を超えて北米、ヨーロッパ、

南米に電波が伝わります。

逆に、電波が反射している、

直接の電波が受信できない地域、国内は聞こえないんです。

 

このように、ボクの電波を受信すると

即時GoogleMapに反映されるので、

どの方角にキャッチされているのか、

アンテナの方向を変えたり、調整したり実験が出来ます。

 

ユードーのアプリ、斉藤さんはいまだに

1日5000DL以上されているのですが、

一期一会てきな、アマチュア無線のような面白さがあります。

でも、インターネットということで、

距離や方角がわからず、目の前な感じがします。

 

アマチュア無線だと、

なにか遠くに飛んでいる、

仮想世界旅行をしている感じもします。

ボクの家は、

山の上のマンション最上階という

ロケーションは良いのですが、

アンテナがたてられず、

ベランダに、ちょっと張り出したものなのです。

でも、飛行機だったら1日かかるような所に

あえて、送信出力を弱くした電波を発信して、どこまで飛ぶのか試す。

 

というわけで、もうちょっと、

アマチュア無線的な楽しみ方が出来る

コミュニティが作れないか、

考えているところです。

そこで、いま、ダイヤル式の7Mhz送受信機を自作しています。

アマチュア無線って、衰退してしまった感のある

趣味ですけれども、

こういうマニアックなところに、

企画の種があると思っています。

 

拍手[4回]

PR
アプリのSEOメモ HOME 海外と交信してみる。アパマンハム。
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
プロフィール
自己紹介:
仕事と遊びが、遊びの仕事が、どちらかはわかりませんが、必死に毎日考えて生きています。
Twitter
Twitter ブログパーツ
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アクセス解析