忍者ブログ
毎日の思いつき。毎日の発見。毎日の反省。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ファーストフードに行かなくなってしまいまして

特に、フライドポテトが食べたいけれども、
匂い→臭いと単語を置き換えて、
口の中が、油臭いな、とか、満員電車に持ち込まれたフライドポテト
とイメージすると、食欲がなくなります。
本当は食べたいのですが。

先日、ファーストフードでコーヒーを飲んでいたのですが、
右側から、シャカシャカ
左側から、シャカシャカ
シャカシャカサウンド合戦でして、

フライドポテトの入っている袋に
あやしい、粉末を入れて、シャカシャカしている。
シャカシャカサウンドなわけですが、
たぶん、アイデアや発想が面白いと思うべきなのでしょうけれども、

音が耳障りでして、お店をでました。
口に入れる食べ物を、振って、下品というのもあるのですが、
考えてみれば、サウンドっていい加減で

街中いろいろな音であふれているものの
どうも、サウンドに関しては、あまり考えないのだ。

駅の発車音楽というのもありますが、
サウンドが豊かになり、表現の幅が広がると
逆に、情緒がなくなり、低俗になっていきます。
音色=サウンドにも、流行り廃りがあります。
その時代に、先端な音色でも、数年で格好悪くなる。
さらに、音色やアレンジでごまかせる。

JRの発車サウンドが優れているのは、抑揚も少なくて
淡々としているけれども、その駅の味があって、
口ずさめる、単音でメロディがしっかりしているから。

音は、極力シンプルな方が良い。

日本だと80年代、マリーシェーファーによる、
サウンドスケープという言葉がはやりまして
僕も大学受験をするとき習ったのですが、
目に見えないことへの意識が弱いかなと思うのですね。
渋谷の駅前とか、最近聴かない気もしますが、
ポップス垂れ流しとか、どうかと。

また、聴き手の感じ方もあって、一方で
スナックから漏れる、音痴なカラオケで、
アジアというか、日本っぽさに、なにか良いなと。


人の声も重要で、
波形が緩いというか、鋸型ではなく、山型のサウンドが
温もりがあって、
例えば、人の声も、その人の性格やテンポ、スピード、生活感がわかる。

なにか、感じたときに
言語的な理解ではなく、
音として、話を聞くと、日本語なのに、日本語じゃないような
面白さがあります。
子供のころ、ハングルを聞いて
アジアの似たような人が、ほかの言語を話している
不思議な感覚みたいに。

サウンドとして、いろいろ解釈をするのも面白いです。

拍手[3回]

PR
なにもしなかった、斉藤さん HOME 40歳になった、ボクの役目
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
プロフィール
自己紹介:
仕事と遊びが、遊びの仕事が、どちらかはわかりませんが、必死に毎日考えて生きています。
Twitter
Twitter ブログパーツ
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析