忍者ブログ
毎日の思いつき。毎日の発見。毎日の反省。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

学生時代、ラディカルだよねって口癖のようによく言う友人がいて、
今日ミーティングの時に思いだした。

ラディカル≒過激だとか衝撃的ともいうのでしょうか。

企画を考える際、正確には
・瞬間的に、何かと何かが繋がったかのように
・数秒でひらめく
わけですが、
様々な視点や角度から考えるっていう、頭の良いコトは全くしない。

ボクの場合、人がビックリする、とか、喜ぶ
というのを見ていると、ココロが満たされる。

逆に言えば、自分さえ満足すれば良い、というアーティスト志向は全くない。

その経験は、昔、音楽を沢山作っていた時に、嫌というほど経験して
好きに曲を作るとウケないし。
恥ずかしいほど、ポップな曲を作るとウケる。
そんなわけで、音楽を大量生産をして、
それでも苦労も努力もしてはいないんだけれど、
刺激が無くなって、飽きてしまったわけです。

なので、今では何かサービスやらアプリを作る時には、
・自分がとても面白いということ
と、
・ユーザーが面白がってくれるとか、役に立つという
二つが成立するようにする。

新しい刺激は衝撃的であればあるほど、
狂気であれば、あるほど
余計な要素はいらなくて、欠点でさえも、補ってしまう。

なので、出来ると思ったら、
集中力を維持しているうちに
無駄を省いて、誰よりも最速で成し遂げる
ってわけなのです。

というわけで、論理思考よりもラディカルだなと思います。

拍手[2回]

PR
カラオケアプリ KARAOKE PARTYの発表 HOME 可処分時間
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
プロフィール
自己紹介:
仕事と遊びが、遊びの仕事が、どちらかはわかりませんが、必死に毎日考えて生きています。
Twitter
Twitter ブログパーツ
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析