忍者ブログ
毎日の思いつき。毎日の発見。毎日の反省。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、会社の中で話をしていて、
ユードーって駄菓子屋さんみたいだ、
というコトになって、
ボクの中で、物凄い発見でした。
 
幸い会社をやるようになってから、大学へ行って勉強をするふりをしたり
ロンドン、パリ、アムステルダム、ミラノ、シアトル、シリコンバレー、サンフランシスコ
やら、シリコンバレーのベンチャーキャピタルに会ったりして、空気やらいろいろ感じてきた。
今でも、分ったようなわからないような気もしているのですが、
元々はミュージシャンということでもあり、言語化するよりも感じる方が先で、
論理的にまとめるよりも、空間をイメージする方が早い。
 
そんなわけで、傍観者的なにイロイロみていると、
日本は、先進国というより、成熟化したふりをしているというか、
文化的で、民度も高いようなふりをしているというか、
直接的で、分りやすいことでさえも、気難しく複雑に伝えている
社会になってしまったように思えるのです。
 
たった、4半世紀前、
僕らは水道水をがぶ飲みしていたしさ、
電話だと失礼だから、大事なことは直接会いに行って謝れなんて言われたり。(今でもそうだけれど)
毎回、車が爆破されるドラマやら、トレンディーなドラマに真剣になったり。
 
若いころからボクは、ゲームを作っていたのですが、
次世代的な新しい技術やらに、背伸びをしてみたり。
すぐに、消費されてしまうような、カタカナ言葉を使うようになり、
最近だと、ソーシャルマーケティングだとか、ARだとか、仮想空間とか言って、
なんか、東京から発信されているようでいて、実はどこにも存在しないようなことで
魅せ方が上手で、プレゼンがうまかったり、声が大きいヒトが騒がれたり。
 
昔、吉本リュウメイの共同幻想論を読んだ、ちょっと精神世界をかじった感じで言うと、何か胡散臭いなと思うのです。
 
自分やら会社をカッコよく見せるテクニックってあると思うし、
面白おかしくしたり、奇をてらったり、そういうこと、必死で考えたりしたのですが、
ボクが、今まで作ってきたもの、いろいろ考えると、
駄菓子屋さんってぴったりだなと思ったのです。
 
うまい棒とか、チロルチョコ。
特に、コンビニで買い物をした時に、ついついレジで手に取ってしまうもの。
チロルチョコなのですね。
 
何十年も残るモノ。
庶民的で。
気軽に手に入れられる。
誰でも知っているヒット作。
(でも、松尾製菓は知らないって、調べたら、チロルチョコ株式会社になりましたが。)

 
 
ボクが企画を考えるときっていうのは、わりと一瞬で閃くわけですが、
生活の中で、休日とか平日の概念は無くて、ずっと何かを考えている。
考えることが苦痛でもあり、快楽でもあって
先述のように、わかりやすいことを、難しく考えたり、
難しいことを、別な次元のものに例えたり、
自分に正直になったり、耐えてみたり。
そのような感じです。
 
で、ぽろっと、企画が思いつく。

専門とか、マニアックなものよりも、
駄菓子のように、誰もが手に届くようなものだと嬉しいのです。
また、先鋭的なことだとしても、それを隠すぐらい、カッコ悪い方が面白い。
 
というわけで、ボクの会社は売り上げが、好調だったのだけれど、
好きなコトをやっているか?
とか、自分の会社、つまり自分の名前が出ているかどうか、が重要で
自分がやったことは、生きた証なわけで、それが出ていないのが不満だった。
クリエイティブなことをやらないと、脳みそが退化している感じもするのです。
 
なので、蓄えてきたものを放出して、
昨年夏ぐらいから、好きなコトを再び少しずつやるようになりました。
 
ボクは、多くの人が反対しても、売り上げだとか、数字を見せることによって
イキナリ言うことを180°変えたり、後付けで理論づけしちゃう人をを沢山みてきたので、
割と自分の直感を信じるのですが、
ただ、残念なのは、文部省の偏差値教育を受けてきたので、
成績表が悪いと、気になって仕方がない。
もちろん、チャレンジをした方が、結果が出ると、後押しをしてくれる人にも支えられているのですが。
ということで、駄菓子のように、たくさん生み出して、また取り戻す作業をしています。
 
そこで、古参なゲームクリエイターが、みんなソーシャルゲームを批判するので、
頭にきて、ソーシャルゲームを作ってみた。
ボクは、全否定するのは嫌いで、大衆に受け入れられるということは、
それなりに原因がある。
むしろ、大衆に、
自分と同等の知的さ、情報量を求めすぎている高度化したゲームに飽き飽きしていたこともある。
ということで、ボクのテイストを入れて作ってみた。
テガキモンスター。
今後も、沢山作って行くと思う。
 
また、ボクは、アマチュア無線の経験が忘れられなくて、
もともとアマチュア無線のために、小高い山の上に住んでいるのもあるのですが、
人と、言葉でコミュニケーションをすること、チャンネルを変えること
”一期一会”に絞り込んで、VoIPのアプリに注力してみた。
それが、POMPAやら斉藤さんなんだけれども、いたずら心で作ったものが、
かなりブレークしてしまった。
さらに、ボクの頭の中にあるさらなる悪戯がありまして、ちょっとどうしようか悩んではいます。
ここまで流行ると、ボクの力で、一気にサービス終了してみたくなったりもします。
 
そして、最近専門化してきた、音楽アプリみたいに、マニアックなモノではなくて、
音楽をもっともっと、全世界の人が生で、そして
沢山の人が、一緒に遊べることができないかなと、研究をしています。
研究機関が必至になってやっていることを、ゲーム感覚で気軽にやってしまおうと考えています。
これは、もうちょっと進んだら発表します。
 
あと、悪戯もよいのだけれど、何か狙いすぎているのも嫌なので、
何かボクラの技術を応用して
ニッチかつ、自分の経験に基づいて、手に取るように作れないか。
そう考えたら、吃音を思い出した。
今でも、結婚式のスピーチでは緊張して吃音になったり、吃音の人と話すとつられてしまうのですが、
子供の頃、吃音症(どもり)で相当悩んでいたわけです。
で、説明すると長くなるので、割愛しますが、有名な方法を使うと
一時的に解決する方法があって、アプリ化すると。
iPhoneで特殊な装置を使わなくても、マイクヘッドフォンでできる。
海外アプリでもあるのですが、使い勝手が悪い。なので、作ってしまいました。

まだ、デザインは入ってない状態ですが、、
IMG_1800.JPG

 
IMG_1799.JPG

 
最後に、iPodLibraryのサウンドで、Chopped and Screwedするアプリも開発してチューニングしています。
これは、リリースされたら発表しますけれども、とても面白いです。
これこそ、音響メーカーがやるべきことだと思ってます。

 
 
というわけで、駄菓子のように、誰もが気軽に楽しめるものを。
それが、数万人じゃボ、満足いかなくて、数百万レベル、数千万レベルへ。
昔作った、音ゲーのように、流行を生み出すぐらいなものを沢山考えていこうと、思っています。って大変なことなんですけれども。

拍手[3回]

PR
100万ユーザーになること。 HOME 往復400キロの車中泊。寸又峡へいく。
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
プロフィール
自己紹介:
仕事と遊びが、遊びの仕事が、どちらかはわかりませんが、必死に毎日考えて生きています。
Twitter
Twitter ブログパーツ
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析