忍者ブログ
毎日の思いつき。毎日の発見。毎日の反省。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

週末、高熱が出てインフルエンザ?かと思いましたが、一晩で平熱に下がりまして、まったりとクルマいじりをしました。

実は、フォグライトをずっとつけたものの、飾りで機能していなかったのですね。
後付けで、フォグライトの一式を購入したのですが、ハーネス(車内へ取り込むケーブル、フォグライトをオンオフするスイッチ)がないので、しばらく無点灯なお飾り。

バンパーに取り付けはできたけれど、どのように車内に引き込むか。
面倒なので、イエロー×ットに電話したところ、取り付けを拒否されまして。

頭カンカンに怒りながら、自分でやろうよ思ったわけです。

だけれどね、クルマ、車のグッズが売れない中で、オーダーメードに応じて(その分価格が高くても)サービスするのが利幅が大きくてビジネスチャンスだと思うんですよ。

・お金がかかって、維持ができないとか、なるべく安く所有したい
というユーザーと、僕みたいに
・車が好きで、趣味には贅沢に楽しむ。(とはいえ、この車は格安で購入し、ケチケチカスタマイズですけどね。)

後者のマニア相手に、オーダーメードをしたらいいと思うんです。(ボクはお小遣い少ないけど。)
ボクも、昔から S13シルビア、RX-7、ビガー、ロードスター、NSX、ヴィッツ、オデッセイとかいろいろ乗ってきて、NSXなんかバラせるところは全部分解して、エンジンも外したりして、楽しんだけれど、全部わかったら飽きちゃった。
今の車は、電装系が多くて難しくてできなさそうだけれど、パオは、ちょうど練習になる。

ということで、最近また車いじりをしたくなった。

が、歳を取ったのか、忙しいし面倒なことは任せてチューンナップしたいっていう僕みたいな人。
手は汚したくない?っていうユーザーもいると思うんですよ。
あと、旧車ファンも相当いると思うんですね。

フォグランプをつける


ということで、自分で作業をしようと、
ハーネスキットを通販で800円購入しました。
問題は、車内にスイッチを引き込むための穴が大変なのです。

エンジンルームから、運転席下まで線を通さなくてはいけない。
防音や熱を車内に入れないために、十分なシールドがされているんですね。
そこで、
IMAG0098.jpg

見えにくいかもしれませんが、運転席側に、ハーネスを引き込められる穴があります。
が、ゴムキャップがあるのですが、手が届くのがやっと。
仕方ないので、感覚でカッターナイフをつかって、切り込みを入れて、線が通るぐらいの穴をあけます。

そして、ヒョロヒョロのケーブルを通すために、クリーニング屋さんでもらえる、鉄のハンガーを壊して、その先にケーブルをつけて、通すわけです。写真の青いのはハンガー。白いのがリレー用のケーブル。先端でテープ付しています。

そして、運転席アクセルペダルの裏シートを外します。簡単に外れます。

ボンネット側から、グッと押し込むと。
 
IMAG0097.jpg
 
 

ハンガーについてきた白いケーブルが、ニョキッと車内に出てきます。

説明はいらないかもしれませんが、フォグのハーネスは、点灯させるための電源はバッテリーから直にとっています。ですので、アクセサリー(キーを回して、電装系がON)オンの時に、フォグスイッチが通電して、この手元のスイッチがオンになると、フォグの電源が入るようにリレーを切り替えるものです。

ということで、無事に完了しました。

CIBIEのイエローフォグは、パオにとても似合いますし、ライトが暗いので本当に視界が広がり、夜間の運転が
楽になりました。
こんなに明るいとは!驚きです。


おまけに、アイドリングの調整についてです。
パオは、電子制御のキャブレターということで、オートバイのようにガソリンと空気の混合を調整します。
今の自動車整備士さんは、この辺りを知らない人が多くて、整備工場に持っていくと、すぐにキャブレターのオーバーホールっていうんですね。
交換したばかりだし、クリーニングもしている。
そんなわけで、調整がうまくできていなかったわけです。

冬になって、低燃費になるものの、アイドリングが低すぎて、低回転時にアクセルを踏むタイミングで、エンジンが停止したり、信号でアイドリングストップして怖い思いも多々。

そんなわけで、自分で調整をしてみましたが、とても簡単。
IMAG0099.jpg

キャブレターの横にある、この部分をマイナスドライバーで時計回りに回すと、回転があがる。左に回すと下がる。パオは、タコメーターがないので、そして当然測定器もないので、耳で聞いて合わせます。

これでバッチリ。

あと、メーターの改造
パオのメーターは暗くて、見えづらいのです。
IMAG0089.jpg

メーターですが、まずエンジンルームにある、スピードコントロールのケーブルを外します。
参考サイト

慎重にばらして、
キャップを外します。
IMAG0090.jpg

このキャップはいりません。なぜ、暗くするためにワザワザつけていたのかわかりませんが。

これで、メーターがとても明るくなります。

拍手[12回]

PR
Yudo PianoManが嵐の相葉さんとTV-CM! HOME 紛失物回収サービス 『マイブーメラン』
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
プロフィール
自己紹介:
仕事と遊びが、遊びの仕事が、どちらかはわかりませんが、必死に毎日考えて生きています。
Twitter
Twitter ブログパーツ
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析