忍者ブログ
毎日の思いつき。毎日の発見。毎日の反省。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パオのラジエーターを修理しました。


■ホースの交換
まずラジエーターを購入しまして、古いものと交換。
 
IMG_0779.JPG

そして、ホースとクランプが老朽化しているので、近所のディーラーにお願いして、部品を取り寄せました。
偶然なのですが、クランプ(ホースを止めるものも、写真のように老朽化してるので請求しました。)も購入して良かったです。

なぜならば、ホースが改良(対策品?)されていて、ゴムの中が階層化していて旧版と比べて肉厚があります。
ですので、ホースを変えた場合、クランプも変えないと径が合いませんので、ホースと一緒に注文しないと。

IMG_0780.JPG

このクランプ、使い方に迷ったのですが、まずはホースに差し込み、ラジオペンチで引っこ抜くと、締まります。(常識かもしれないのですが、ボクは初めてで迷いました。)

あと、上記のオイルを抜くボルト(写真下部にある、ねじ山が少々崩れたラジエータードレン?)が、摩耗しています。注文するの忘れてました。
今度、交換しようと思います。

あとは、ラジエーターファンを交換します。

■ラジエーター関連部品
ボクが取り寄せた、ラジエーター周りのホース、クランプの部品型番リストです。

ラジエーターホース(上アッパー) 2150135B00 ¥1,923
ラジエーターロアーホース   2150335B00 ¥2.321
クランプホース 01555D1161 ¥716(4個)
ホース(多分オートマチック用) 2163135B01 ¥2,940
ホース(おなじく) 2163235B01 ¥2,583
クランプホース 0155800451 ¥1,008(4個)
あと、
ラジエータードレンですね。
ラジエーターキャップもパオ用は自動車用品点にないので取り寄せですね。

車体に装着するとき、一番苦労するのは、
固まっているホースの抜き差しです。

クレ5-56は必須で、吹きかけておくと、うまく抜き差しできました。

■冷却水をいれる。エア抜き。
ケーブル類を全部つけて、ラジエーターキャップを開けて、いっぱいになるぐらい入れます。

エンジンをかける。

暖房をMAXにして、暖気。

ラジエーターキャップのところの水位を確認して、減っていたら補給する。

15分ぐらい走って、水位が下がったら補給する。

下がらなくなったら、キャップ締める。


以上で完了です。

ラジエーターはうまく、動き出しました!!

工賃代節約ですね。

エンジンのした潜るのは、免許とって毎週末、車をいじったとき依頼です。
イロイロ部品をつけたりして、車でどこか行くの楽しかったな、、、と10代の時を思い出しました。

仕事が忙しい時に限って、毎週末車イジリ。
部品が足りなかったら、また次の週...。
大変です。

パオも22歳なので、酷使しないように、もう一台車を買おうと思っているのですが、
本当に一番欲しい車は、ラシーンでして、これも15年ぐらい前なんですよね。
ジュークかな。。。

拍手[5回]

PR
三崎朝市にいきました。 HOME パオのラジエーター。
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
プロフィール
自己紹介:
仕事と遊びが、遊びの仕事が、どちらかはわかりませんが、必死に毎日考えて生きています。
Twitter
Twitter ブログパーツ
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析