忍者ブログ
毎日の思いつき。毎日の発見。毎日の反省。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、DG社の安田取締役に教えていただいたのですが、

「ユードーって、リーンスタートアップですよ」
 

ということで、amazonで予約して、

偶然ワールドビジネスサテライトの録画をみると、

まさにリーンスタートアップ特集でした。

いま、話題のようですね。

 

ボクは、昔ゲーム業界にいたわけですが、

いままでに全くない新しい企画の場合、

売れるか、売れないか全く分からない。

 

では、マーケティングをしっかりやれば、
全部ヒットするかというと

(そんなことできたら、困らないわけで)

そうじゃないことは、誰でもよく知っているわけです。
 

なので、
「面白そうだから、やってみようよ」
という偉いヒトがチャレンジャーでした。

(よい時代だったかも。)

でも、リスクが高いから、予算は限りがあるわけです。

すでに、市場を形成しているゲームなんかよりも、悔しいけれど

低予算になってしまう。

結果的に、無駄な仕様、あったら良いな
という仕様はガンガン削っていったわけです。


 

ユードーも、スマホ向けのアプリは、だいたい1ヶ月以内。

ソーシャルゲーで2ヶ月から3ヶ月ほどです。


斉藤さんは、過去の技術を積み上げて、2日で制作したし。

すでにリリースしている、たくさんのな音楽アプリ、ゲームも、
1週間から、1ヶ月で立ち上げたり。

 

・ユーザーに使って貰うと、
ボクらの想定外の使い方や、目的で使われることが多いよね。

 →斉藤さん

・無料アプリの場合、多少の不具合があってもポジティブに応援してくれる。

 →アーリーアダプターがポジティブ

・リリース後に、バージョンアップをすることによって、
ユーザーのフィードバックにアプローチできる。

 →逆になってしまって、怒られることもあります。

  その場合、すぐに軌道修正すればよいのです。

 

もっとも、
AppStoreもGooglePlayも翌月末入金という、
売上げにすぐに直結なこともあります。

 

そして、ヒットするアプリって、いままでにないからこそ、

想像ができなくて
社内でも社外でも理解されないことが多いのです。

素晴らしい資料やサンプルで、
今後開発するものを消費者に意見を求めたところで、

手に取って使ってみないと、なんとも意見を言えないんですよね。

(このあたり、飲料水とかのマーケッターの領域だと思うんですけれど。)

 


そんな経験もあって、企画を考える時に、

・先にスケジュールを決める。(アジャイルな開発。)

・やりたいことの要素を全部出してから、必要最低限な機能へ絞り込む

・ある程度できてから、動いているものを見て、軌道修正して行く。

・不完全な仕様書にすることで、不足している箇所を、チーム員全員で考えることができる。

 

ということで、20年ぐらい、この手法だったような気がします。

 

いま作っている、カラオケアプリなのですが、

本当は、フレンドとの繋がり、ソーシャルな要素も入れたかった。

さらには、有名なアーティストとデュエット機能など最初から実装したい。

採点機能だって、やりたいことを全て実装すると、

交渉も含めて、最低でも3ヶ月かかってしまうのです。

 

そこで、企画を考える時に、
ネガティブに疑って考えてみます。

「そもそも、iPhoneに歌うという習慣があるのだろうか。」

「バイラルで、アプリが広まって行くのか。」

とかとか。
最も重要な要素に絞り込んで、実験をしてみよう。
短期開発だ!

 

ボクは、世界中のヒトが、インタレストグラフでマッチングして

一緒に歌ったり、PRとしてアーティストと、新譜でデュエットできて

それを、他のユーザーに聴いてもらったり。

そういう、夢を捨てて、
機能を絞り込み、2週間+1週間で。

 

基本は、マッチングした、知らないユーザーと一期一会で歌って

サヨナラをするアプリ。

という具合にしました。

 

実は、昔、コンシューマーで、アーティストのPVで一緒に歌うような

カラオケゲームを立案して

(ペリフェラルを使ったゲームはヒットするわけが無いとか、カラオケが俗っぽいとか)

ほぼ全員から却下されて、その後に、ヨーロッパでシングスターが

発売されて大ヒットしたという、悔しい思いをしたことがあります。

なので、リベンジしたい思いがあります。

 

斉藤さんの時も、

デザイナーとボク以外は、多分誰も面白さを理解していなかった気がします。

ボクは、あえて声でユーザーが喋るだろうか?という疑問がありました。

なので、斉藤さんで、シンプルに作って、

知ら無いヒトと喋る。

この機能に集約させたわけです。

 


という具合で、リーンスタートアップということらしいのですが、

ユードーのこの規模で作ったアプリの成功率は、高い方じゃないかなと思います。

 


本が到着したら、すぐに読もうと思います。

拍手[1回]

PR
横浜育ちでも心配なこと。横浜ドーム HOME オンガクをコトバで聴いてみる
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
プロフィール
自己紹介:
仕事と遊びが、遊びの仕事が、どちらかはわかりませんが、必死に毎日考えて生きています。
Twitter
Twitter ブログパーツ
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析