忍者ブログ
毎日の思いつき。毎日の発見。毎日の反省。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

斉藤さんにカラオケ機能が入りました。

ゲームに続いて、カラオケで歌い、
全国のみんなに聞いてもらうことができます。

斉藤さんの開発や企画のメンバーですが、総入れ替えで
若い人から、全く別の業界
新しい人たちが、参加して格闘しています。

その上で、たとえ話で伝えていることがあります。

・当たり前にやっていることは、当事者は気づかず、
 実は、歴史を繰り返しているということ
・モノづくりには思想がある

下記はATARIが1972年にリリースした、テレビゲーム pong
スティーブジョブスがアルバイトして、ウォズニアックと稼いだ
ATARIのゲームです。
10年後に、任天堂がファミコンをリリースします。


画像の表現力が上がったことはもちろんですが、
無機質に、物体が移動すればよい
それがゲームギミックだったわけですが、



マリオ、パックマン、マッピーも、キャラクターとして有名になっていきます。
そして、ファイナルファンタジー、ドラゴンクエストも
ファンタジーとして、世界観があり
ファンが集まり、読み物としてのゲームに。
そして、90年代に同人活動など、サブカルからメインカルチャーまで牽引していきました。

多くの人は、すでに成功したもの
歴史が積み重ねてきたものは、当然であるかのように
必然的な存在ともいう見え方になると思います。

自分も90年代に、興隆するゲーム業界におり
幸い、幾つかのヒット作品を生み出すことができました。
今までにない、音楽をテーマにしたものでした。

今、自分たちは、SNSを作っています。
すでに、FacebookもTwitterもあります。
先述のATARIのようなイメージです。

SNS、というよりも、もっと目線を高く持てば
仮想空間の人々のつながりは
かつての、ゲームセンターでの仲間とも言えるし、

現実の世界の方が、抽象的で
仮想世界のコミュニティこそ、本当の自分とも言える。

自分という存在、肉体と精神は切り離されて
自分は、今、この瞬間に、ここにいる。
けれども、多くの人はスマホをもち、スマホの中の
アプリによって、同じ時間を
他の人と共有し、情報を交換し、感情すらもやり取りできる。

つまり、意識の所属は複数で
人々は多元的とも、多層的な共同体への所属になる。
もはや、仮想空間が本当の本音で、
現実空間が、人の調和を前提とした建前
だったりします。
現実空間を延長したものが、Facebookやtwitterでもあり
多層化した意識
もっと、本当の自分の存在の帰属場所を作ろう
と考えています。

自分は、斉藤さんで
コミュニティや社会への帰属を伝えたいと考えていて
そして、機能的な、ATARIのようなマテリアルなデザインから

アプリの世界の中に、ファンタジーがあり
本当があり、物語が必要なのではないかと考えている。

そこで、ゲームやカラオケを投入してきたわけですが
国内の人々の、ネット上の所属
1970年代まであった、地域の青年団というのか
現実の社会以外の共同体を作りたいと考えている。

その上で、斉藤さんというトリックや仕掛けで
みんなが、のめり込み、
そして、その中につながりがあれば、
これは健全ではないかと考えています。

今、メンバーには、
これが流行っているとか、なんとかデザインだとか
西海岸あたりの流行だとか、カタカナ言葉を避け
自分たちから生み出すようにと伝えています。

拍手[3回]

PR
自分の考えにこもってグルグル考えることが多いのですが
3歳ぐらいから、集中しすぎる、
過集中があったと考えています。

おもちゃの「電話」の
単一電池が消耗しただけだと思うのですが、
音が小さくなったことと、親が
どこかでドライバーを使っているのを見て
自分も、同じように分解すれば、治る。
そのように思って、元に戻せなくなる。
必死になって治すけれども、うまくいかない。
数時間たつ。
今でも思い出します。

興味を持ったこと、関心のあることは
夢中になり、
ご飯も、トイレもいかずに
徹底的にやり続ける。
勉強でも、趣味でも、夢中になって遊びました。
それがひどすぎて、親は、鉄道模型を取り上げたこともありました。

大人になってから、
ゲームを作るようになり、数か月、ほぼ家に帰らなくても
何か、個人的に、問題が起きても
緊急な時には、
当時は無意識でしたが、過集中頼みでした。
そして、専門家やプロがいるのに
契約や交渉、意思疎通などの時間を鑑みると
自分が、学んでやった方が早い。
自分がすべてやってしまう。

自分が間違っているのは、
過集中こそ、労働であり
通常時は、自分が、だらけているのではないかということがあります。
自分の普通なモードは、多くの人の普通である。
最近まで気づきませんでした。

多くの過集中の議論について
間違えている個所を指摘します。

だれでも持っていることではない。
過集中の入り口は、緊急の問題解決や楽しさ、夢中になっている。
確かですが
過集中に入ると、単純に脳の処理が爆速で動きだし
”なんでも”よいから、考える材料が必要になるのでは。
と考えています。

本来解決するべき課題から派生して
頭の中にある情報(数十年の記憶とも)と
入ってくる、今現在の情報がリンクして
考えをめぐらす。

わかりやすく言えば、
高速にCPUが動き出し、100%のタスクにするために
小さな問題や、優先度の低い問題が
リンクして、考える。
頭は思考しようとしていて、
メモリーから情報を引き出そうとして止まらない。
この状態と考えています。
数時間の時も、4-5日続くときもあります。
そして、頭の回転というべき、思考は
早く、ノイズも含めた情報だらけになるために
思考を止める試みをして、
さらに思考が止まらないと、最悪です。

この場合
1)チャンスとして、たくさん考え、通常時に忘れていないように
メモをしておく。
2)志向を消費するような、新しい、未経験な刺激的なことをする。
料理を作るとか。
3)本を読む。
ひたすら大量に本を読む。(速読なので、経済的に非効率)

です。
ただ、当然ですが、これを過ぎると、脳は、
虚脱状態になります。

この状態から抜けるためにも、自分は
本を読む とか、人に接しないと考えていたのですが、
自分の世界、理想、こうあるべきだという思考から抜けるためにも

人の気持ちや感情を振り返るためにも
顔をじっと見つめたり、注目したり
することではないかと、気づき始めています。

自分の内面の理想、はもちろんですが、
自分を自覚するために、周りの人、
環境を気にする、愛する。

人の表情に集中すること、感じること。
これなのだ。
自分を取り戻すには。

拍手[4回]

非情で残念なことと、とても前向きな
報告があります。
 
長い間の問題
そして、社内外の方々も
私たちの会社が奇妙な空気感で
理解が苦しかったこと
沢山のことを一気に解決いたしました。
 
会社内、
世の中では少数派な人が多数派となっており、
常識的な振る舞いができない、
世の中のルール=「暗黙の了解」がわからない者が
大量に辞めることとなります。
 
虚偽報告、命令違反、職務怠慢、引き抜き、あっせん行為を
集団で行ったこと
社内のシステム、複数人から出てきてしまいました。
 
個人的に、
この不条理を納得できることとして
通常(多数派としましょう)であれば
個人的なやりとりでおこなうものです。
当たり前なことですが
 
しかし、あまりにも分かりやすく、
今回のように、露骨で
会社のシステムで、集団で伝達して
歯止めがきかない、
もしくは、誰かがよくないと指摘できない状況
世の中のルール=「暗黙の了解」が理解できない。
本来社会に適合することが難しい者が
会社内で多数派となっていたことです。
この少数派が、理想的な少数派を採用する連鎖。
 
そして、無意識に多数派になれない劣等感を
仕事に適合できない問題を
納得させるために、遊びで楽しい、緩い癒し。
上昇志向を排除し、適合できない無力さを
遊び心に転換していると見抜きました。
 
昨今の動き、
表情やアイコンタクト、行動で
この状況を読みぬいていて、むしろ、
外から自分が
どのようにみられていることを、気づいていないのでした。
 
もちろん医師ではないので、単に察することですが
その気質の者が集団となり、
無意識で結託してしまったことと
逆に会社内では多数派になってしまったために
おかしなことが、普通=
常識的な振る舞いができない
沢山発生してしまったと見ています。
 
ホームページや対外面など
奇抜でクレイジーを表面的にとらえて、
あまりにもこの気質な者が集まる
応募する現象を発見しながら
僕の知人や仲間、医師、カウンセラー、外部の方に
社食ランチや様々なイベントに入ってもらい、
奇妙な人が集まる、ズレを認識し、対策を考えてくださいました。
自分を応援してくれて、勇気づけてくれたり
とても恵まれているなと、感謝しております。
株主の方も、最後、自分一人になっても
大鉈を振るう という、助言もいただきました。
今回、かなりその状況です。
 
現状ですが、
信じて頑張っているみんなのおかげで業績は上がり
一方で、適合できない
従来型な社員は減っているものの、

昨今、事業の、売り上げ、利用者など
急進的に伸びています。
一旦、南雲の個人会社としても、
人員的には縮小をして
全てをやり直すぐらいのつもりでいます。
そして、入社、採用の際には
テストを実施して、多数派であるか、もしくは
医師の診断を受けていること、
知能も含めて、入社テストを実施します。
頑張っているみんなには、待遇面の見直しを検討します。
拡大に向けて、頑張って学んできた人
上昇志向のある人
最新の経営を深めたい、ビジネスパーソン
会社を解体する覚悟で
そして、社内に見せる、本当の自分=社長をそのまま出します。
そこには、対外面のメディアで見える
草食な自分はいません。

また、
テレビ取材も含めて、自分の問題については
ADDとして、もちろん、ASDと言われる傾向があるものの
数年前よりもいろいろわかってきており、
最近の診察は、以前と異なっていることがわかりました。
周囲の方がお気づきの通り、
社長としてよくある、性格でもあり
また、逆に
空気を読みすぎる性格でもあります。
 
この親から頂いた、
自分の知能や能力は、世の中のために
無駄にしないように頑張ります。
 
自分は、
応援をしてくれた、社員
社内外の友人、関係者の皆さんに
心からのお礼と感謝の気持ちを持つこと。
そして、それを意識せずに、革新的に進める
自身の特性を優先させる
と考えています。
 
また、厳しい処分をおこない、
離れる者たちについて、個人的には
自分から見える世界、意識は、ほかの人と異なる。
一見、多数派を「イエスマン」に見えるのは
言語外の
高度なやり取り(駆け引きとでもいう)を行っており
君たちには
それが見えていないと伝えておきます。
また、それができないと、
集団に対して、何かおかしいとみられることも意識してください。
 
アスペルガーと暗黙の了解
同じ社会への不適合者にならないために
自尊心を捨てて、
自分は世の中への解釈が多数派と異なっている
性格の問題でなく、周囲に迷惑をかけている
自己中心的な志向が強すぎる
ゆがみを認知してください。
 

以上です。

拍手[13回]

人というのは、
自分本位、自己中心志向なひとと
相手を想いやって、尊重して自分の意思との調整をするひと

2通りあって、ボクは本来は前者なのだけれども
ここ数年、調和だとか社員のためだとか、
過度に考えすぎていたなって、気づきました。
そして、僕自身も、本当じゃないというのか
気持ちに嘘ついているなって、わかってきました。

幸い、かじ取りを急激に行いまして
業績はぐんと伸びているわけですが、
もちろん、頑張っているみんなのおかげではあるのですが、

個が強すぎて、そもそも
会社は自己実現の手段になりすぎていて
本当は、こんな仕事したくなかったのに
なぜさせるんだ
とか、
自分の問題を、組織に出してしまい
会社や同僚、上司から
ケアされることが当たり前になっていたり
だらだら、愚だ愚だ、午後に毎日話していて、
周りから、おかしいって見られているのに、
残業申請を出すみたいな。
なんだろな、って思っています。

ランチなど手厚い、数々の福利厚生があるわけで
仕事以外のニタニタ、ゆるゆるな写真だけが
SNSにアップされ
そして、ゆるい仕事をしたい志な者が入りやすい
ぬるま湯環境となり

上昇志向、才能のある人には、難しい雰囲気を出していました。

会社も事業も
順調に進むフェーズ、その裏には
資金ショートしそうな時期、数々の困難を乗り越えて
覚悟と根性がついて、生き延びてきます。
そして、ものすごい才能があるか
人並み以上に、学び、苦労してキャリアをつけて
楽だけでうまくいくはずがありません。

そんな、生臭い、汗臭い苦労も努力も
なんか、癒しですとか、おいしいですとか、
そんなアホくさい、ぬるさを出していて
このノリを排除していきます。

緩くて楽しい っていう、あたかも個性的な表現は
自分の自信のなさ
弱さを、開き直って、最も言い訳で見せるだけであって。
今、成長のフェーズに入り
今までのユードーらしさが、無くて、ギスギスしてますね
って言われることを目指します。
だって、本当はそうなんだもんね。
そして、ボクの期待に応えようと
頑張っている人だけに、
海外研修やら、ユードーにしかできないことを
提供する。


本当のことを言っちゃえばいいんだよ。
その通りです。
恥ずかしいことでも、問題なことも
今、やんなきゃいけないので、改革をして
上昇するもの、強い者、才能のあるもの、スキのないものに
来てもらい、
一緒に成長をしていきたいです。

拍手[4回]

web電はじまりました。

ブラウザで電話したり、受けたりできるする、WEB電話サービスです。
SKYPEよりも早くやってみました。

ぜひお試しください。(まだまだですが)
http://club.yudo.jp/webden/#webden

ボクは95番です。

5/2のGWの中途半端な中日に開発
5/3リリースしました。
会社の連中も知らないぐらい、速攻開発で、このブログを情報の場とします。

<ニュースリリース>
ブラウザやブログ、SNSに貼り付けて無料電話「web電」スタート!テストサービスのお知らせ

<分かっていること 5/3 AM6:00現在>
ハウリングの問題 ・・・ ヘッドフォンで解消する
自分の声が聞こえる ・・・ ブラウザのミキシング問題
着信音 ・・・ なることも、ならないことも
ブラウザの挙動 ・・・ 相手の番号が入力出来ないことがある

集中するって面白いけれども、大変ですね。

もともと、ボクがブラウザで電話が出来る実験をしよう!
ということですすめて、
5/2の朝に、何かブラウザでできる、というテストを見せてもらいました。
そこで、急遽、その場にいたメンバー4名に集まってもらい
ホワイトボードに、15分ぐらいで
コンセプトと、狙い、画面遷移、デザインの雰囲気をまとめて
今日中に何か作品を作ろうと、のべ26時間で完成しました。


実は、ボクは、数ヶ月にわたって
なるべく人に合わない、そして集中をする
コトを徹底していまして、
人に合うと、その人に関して意識したり、
深くコミュニケーションを考えないといけないので
考えると、その分他のことが考えられなくなるので
限られた人しか会わないことにしました。

思考を、作ることやサービスに向かう。
たくさんやらない。
ってことでした。

毎日、ランニングをすると、ひとりでイロイロ考えられるし
車を乗ったり、集中出来たかなと思います。

そして、一気に脳みそがすり減るぐらい考える。

web電は、もの凄い大きな市場がみえます。

ボクらは、プラグインを使わないで実現させようとしているので、
もの凄い大変そうだけれども、何かなりそう!

拍手[4回]

HOME 次のページ
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
プロフィール
自己紹介:
仕事と遊びが、遊びの仕事が、どちらかはわかりませんが、必死に毎日考えて生きています。
Twitter
Twitter ブログパーツ
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アクセス解析